独占禁止法および不正競争防止法

独占禁止法および不正競争防止法に関する問題は、多くの場合、ビジネスの核心に関わるため、企業のビジネスそのものを壊滅させる危険性を含んでいます。昨今日本では、合併審査基準の緩和、流通の国際化や海外企業による日本国内市場への参入により、当該分野における問題や論争が増大しています。


当事務所は、国内外の独占禁止法および不正競争防止法に関わるあらゆる問題を幅広く扱っています。国際競争問題に関する豊富な経験と当該問題の複雑性についての実践的理解に基づき、現在に至るまで、多数の解決策を提供してきました。また、クライアントが、企図する取引によって法律上・ビジネス上の悪影響を蒙ることを回避するとともに、実践的なビジネス選択の可能性を最大限に引き出すことを可能にしてきました。さらに、実体法や手続法がクライアントのビジネスとどのように関係しているかを深く理解することで、クライアントによる革新的な戦略の利用を先導しつつ、当該戦略によるクライアントのビジネスへの影響を最小限に抑えることで、独禁法抵触のリスクからビジネス拡大等を躊躇しているクライアントに解決策を与え、前向きにアプローチするべく優れた法的サービスを提供しています。

このページのTOPへ